2008年08月05日

〔書籍〕個人のライフスタイルとコミュ二ティーの自立(その1)




昨日紹介したDVDと同じマレーニのを紹介した本です。

著者(講演録なのでスピーカー)のジル・ジョーダンさんがマレーニに引っ越して自分たちが最初のコープ「メープルストリートコープ」を始めたころの話から書かれています。

オーストラリアの田舎町だったマレーニ。そこの最初のコープは、自分たちが買いたい玄米や全粒粉を簡単に買えるようにしたいという願いから始まったそうです。
そこで、誰でもが野菜を販売できるようにしたり、有機栽培と農薬栽培の野菜が区別されて売られているようにしたことから、すこしづつ地域での無農薬栽培が浸透していった様子が書かれています。
頭ごなしに否定したりしないで、消費者がはっきり区別することで自然に淘汰されていく、市民運動の成功の秘訣があるように思いました。

このメープルストリートコープの成功を足がかりに次々とコープが成立していくのですが、続きは次回に。
posted by JOHNNY at 01:13| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。