2008年11月20日

エコラッチ(第14号エコ推進に向かう産油国)を読んで

クウェート、カタールなどの産油国が地球温暖化対策として、温室効果ガスの排出権取引所を作ったり、海水温度差発電を作ったり、という環境対策に取り組み始めたということが紹介されています。

産油国のオイルマネーで環境対策を進める、産油国から石油が出ている今から生き残りをかけての挑戦のように感じました。

国家的な取り組みが必要な時期に来ているんですね。
posted by JOHNNY at 16:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田玲司の環境恐怖新聞エコラッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

ココナッツピリオド(第17回知らない世界へ)を読んで

ビッグコミックスピリッツに連載中の山田玲司さんの「ココナッツピリオド」の第17回知らない世界へ。

SFとしてだんだん面白くなってきました。11月28日の単行本発売が楽しみです。
posted by JOHNNY at 12:29| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ココナッツピリオド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月12日

エコラッチ(第13号世界恐慌でエコは儲かる)を読んで

今回からエコラッチの感想を分けてみました。

これまで名前しか知らなかった「スターリングエンジン」のことを今回のエコラッチでそういうものだったのかとわかりました。
燃料を選ばない外燃機関のことなんですね。廃油やゴミからのメタンガスなどなんでも発電できるとなると石油業界の圧力も相当あると思います。映画「Back to the future」で未来から戻って来たデロリアン号にバナナの皮とか新聞などを入れて燃料にしているとまでは行きませんが、それに近いイメージを持ってしまいました。

「平和産業が戦争産業と同等以上に儲かるようになってきた」
これからはそんな事例も紹介していきたいと思いました。
posted by JOHNNY at 11:30| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田玲司の環境恐怖新聞エコラッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ココナッツピリオド(第16回裏切りのナパーム)を読んで

ビッグコミックスピリッツに連載中の山田玲司さんの「ココナッツピリオド」の第16回裏切りのナパーム。

11月28日に単行本が発売になるようで、うれしい限りです。

「今回はこのことを知ってほしい」という環境問題などの事実が一つずつちりばめられているように、最近思うようになりました。

今回は、劣化ウラン弾の悲劇について。下の本を以前読んだのですが、戦後も放射能被爆が続いている現実。背筋が寒くなる思いがしました。
原子力発電所を使っている私たちの生活と全く無縁ではないこの事実。ぜひ一読をオススメします。



posted by JOHNNY at 11:17| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ココナッツピリオド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

ココナッツピリオド(第15回チキンラビット)を読んで

ビッグコミックスピリッツに連載中の山田玲司さんの「ココナッツピリオド」の第15回チキンラビット。今回も2週続けてエコラッチは休載でした。
「人のために7分に一種の割合で生物種が絶滅している」
最初に聞いたのは今から12年ほど前。1種の絶滅というと、パンダとか日本オオカミとかそうした生物が全くいなくなることです。それが7分に1種、年間100万種。ウソだと思って調べました。マイヤースの著書など引用されている元の書籍にもあたりました。やっぱりそう書いてあるんですね。調べれば調べるほどへこんでいきました。

当たり前の生活をするために森が削られたり、川や海が汚染されたり、そんな結果なんですね。
当たり前の見直し、環境問題に取り組む上での基本だと思っています。
posted by JOHNNY at 09:44| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ココナッツピリオド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。