2008年07月30日

自動車対策(その1渋滞税フォーブス9月号より)

フォーブス9月号に自動車の渋滞対策=地球温暖化対策がいくつか紹介されています。

その中からいくつか紹介します。

まず最初は渋滞税
「ロンドンでは2003年から朝7時から夕方6時までにしないに乗り入れる自動車に対して1台1日1800円(現在)の渋滞税を払う必要がある」という法律を制定し「交通量が20%減った」。また、「シンガポールでも導入し強化されている」。
また、アメリカのヒューストン、デンバー、ミネアポリスカリフォルニア州南部などでは、一人乗りのマイカーに渋滞状況に応じて通行料金を課して、相乗り車線での通行を認める制度もある」とのこと。
(フォーブス2008年9月号121ページ)

最近、大阪市内を移動し、交通量が目に見えて減っていることを感じます。数円のガソリン代の値上げでこれだけ減るのですから、必要性の低い自動車がいかに多かったかということの裏返しのようにも感じます。
さらに、渋滞緩和(=地球温暖化対策)で税金が有効であることの裏付けとも思えます。

原油の値上げで漁業関係の方の生活に影響が出ており、国費(税金)で補填を行うというのが昨日のニュースにもなっていました。こうした補填がどの税金からの補填であるかは不透明です。ここを渋滞税など環境負荷の高いものに対する環境税から補填していくことでより政治の透明化が進むように思います。
posted by JOHNNY at 01:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 地球温暖化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。