2008年08月02日

〔書籍〕「わが青春の谷津干潟」

ずっと前に読んだ本ですが、日本のグッドプラクティスとしてぜひ多くの方に知っていただきたいので紹介します。

子どものころに遊んだ干潟がごみだらけになっている現状を知り、森田三郎さんがひとりで悪臭にまみれながらごみ拾いを始めたのが二十数年前。
今、その干潟(谷津干潟)はシベリアからの渡り鳥がたくさん訪れるようになり、日本の鳥獣保護区や湿地保護の国際条約(ラムサール条約)にも登録されています。
この本「わが青春の谷津干潟」は、森田さん自身が何を考え、どんなことを始めたのか、活動をしながらの怒り、憤り、苦悩、感動、人と人がつながっていくことの喜びが凝縮されて描かれています。

現在この「わが青春の谷津干潟」は入手しにくくなっているようですが、「埋もれた楽園―谷津干潟・ゴミと闘った20年」というコミックは比較的入手しやすいようです。
タグ:干潟 ごみ 自然
posted by JOHNNY at 01:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ごみの問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/103995162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。