2008年08月17日

〔書籍〕「都市の鍼治療(元クリチバ市長の都市再生術)」(その5:ピンポイントの回復)




どこの町にも治安の良くないところや、いろいろな意味で放置されてしまっている場所がありますよね。クリチバ市にも、採石場であった場所やゴミの処理場であった場所などがあり、その場所を中心に治安が良くなかったそうです。

そうした治安の良くない所を、人が注目する場所、人がよく行く場所へと変えることで治安を回復しています。
たとえば、
採石場は、パイプを多用したオペラハウス(音楽ホール)に。
ゴミ処理場は、花壇などを設けて、公園に。

それぞれの場所を訪ねましたが、市民の憩いの場所というのがピッタリのところになっていました。

この本のタイトルでもある鍼治療という意味がよくわかる辞令だと思います。
posted by JOHNNY at 13:02| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 街づくり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。