2008年08月18日

〔書籍〕「都市の鍼治療(元クリチバ市長の都市再生術)」(その6:ゴミの回収)




どこの都市でも問題になっているゴミの問題。ブラジルのほかの都市では道端にゴミが落ちていることが普通ですが、クリチバ市にはゴミが落ちているのを見かけたことがありません。分別回収が進んでいるのは当然ですが、特にファベーラと呼ばれるスラム街に住む人たちを中心にゴミを回収場所に持っていくと野菜と交換できるチケットがもらえるという仕組みがあるのです。
ゴミが野菜になるとしたら、回収場所にみんな持って行きますよね。このことで、ゴミの問題だけが解決されたんではないのです。ゴミの清掃などにかかる費用を都市近郊の野菜を買い付ける費用に当てて、都市近郊の農業の促進の問題を両方解決したのです。
中村さんの話では、分別回収をし始めた頃がやはり大変だったそうです。普通に話ができるようになるまで毎日のようにファベーラに行句碑が続いたとのこと。
何か一つを始める時にその最初がしっかりとできていれば、あとはそれが普通になっていくというのをどの事例でも話してくれました。

もちろん回収したゴミのリサイクルやリユースも進んでいます。ゴミ処理場も見学に行きました。修理をして使えるようにした家具類などもたくさん並べられていました。
posted by JOHNNY at 23:37| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ごみの問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。