2008年08月29日

〔書籍〕目からウロコなエコの授業(フランスパン)

最近、「エコの授業」という本を買いました。
この本を読んでいて思い出したことがあったので書こうと思います。

10年以上前にフランス料理を食べに行ったときのことです。
シェフが私の席まで来ていろいろなことを教えてくれました。

フォークをどう持つとか、ナイフをどう使うとか、
そんなことはフランス料理ではあんまり関係ないんだ。
そういうマナーを行っているのはイギリス。
でも、イギリス料理ってないでしょ。

それよりも会話を楽しみながら、
料理を味わって楽しんでくれたらいいんだ。

きっと、私が緊張していたのをみて言ってくれたんだと思います。

もう一つ、教わったことがあります。
フランス料理はソースが命なんだ。
だから料理を食べるだけでなく、フランスパンを使って、ソースを味わってくれたほうがうれしいんだ。

これって、今考えるとエコでもあるんですよね。最後に水を汚さないですしね。

以来、外でコースの料理などを食べる時にはご飯よりもパンを選ぶようになりました。
【関連する記事】
posted by JOHNNY at 18:05| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 私たちにできること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105689099
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。