2008年09月25日

エコエコパンドラ(第8回)を読んで

山田玲司氏の作品、エコエコパンドラ第8回のテーマはペットボトル。「リサイクルをしているから自分はもういいんだ」と思って、地球の危機を考えなくなってしまうことが問題。確かにその通りだと思います。リサイクルに限らず、
「マイ箸をもっているから」、
「エコキャップを集めているから」、
「ゴミ拾いをしているから」、
「エコ商品を売っているから」、
「エコ商品を使っているから」、
「募金をしているから」、
「環境NGOの会員になっているから」、
「エコ企業に勤めているから」、
   ・・・・・・
全部同じですよね。
環境問題を作り出しているのがほかならない自分自身であることを
忘れさせてしまう麻薬がそれぞれの行動にあります。

基本中の基本が書かれているように思います。
根本を変えない限り何も変わらないこともあらわしていますよね。

ーーーーーーーーーーー

パンドラ22
1982年までペットボトルはなかった。
ちなみに今でもビンビールの回収率はほぼ100%である
※現在のCO2排出量は1982年の1.5倍になっている

パンドラ23
マイボトルを持つ市民は増えたが、
飲み物の中身だけ売ろうとするメーカーは一社も現れない

パンドラ24
リサイクルに力を入れるより仕組みを変えることに力を入れれば、
CO2を圧倒的に減らすことができる
posted by JOHNNY at 11:15| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | エコエコパンドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。