2008年10月15日

Blog Action Day 08 Poverty

今日、10月15日は「Blog Action Day」という全世界のブロガーなどが同じテーマで記事を書く日だそうです。今年2008年のテーマは「Poverty(貧困)」。

十年近く前に東南アジアの国々に何度も行きましたが、どの国にもその日の食事もできない人がいます。いざりながら物乞いをする人もいました。何か原因があるのだろうと思っていましたが、今の職につくまではさほど気にも留めませんでした。

私たちが食事などで使う植物油(パーム油)のために強い農薬で体を壊す途上国の人の話を聞きに行ったり、
テレビでナタデココのブームの結果、東南アジアで貧困になる人が増えたことを知ったり、
先日は映画「ダーウィンの悪夢」で私たちが食べている白身魚(ナイルパーチ)のためにアフリカで貧困が増えていることを知ったり、
私たちの当たり前の生活が海外の思いもかけないところで貧困を作っていることを知り、少しずつ自分の生活を改めるようになりました。

特にマレーシアで高校生が次の話をしてくれたことが今も心に残っています。
「日本では健康のためにと植物油が使われていますが、その植物油のためにここの農場の人たちは、農薬で体を壊し、働くこともできなくなっています。その農薬のために川の魚は死に鳥も飛ばなくなり、大地は死に絶えたようになっています。それでもあなたが使っているその油は健康的なのですか?地球にとって、世界の人たちにとって」


海外の貧困だけでなく、国内の貧困も気になります。
大阪には釜ヶ崎というドヤ街があります。そこの人たちは70年代に高度経済成長を建設現場などで支えてきた人たちです。今高齢になり、働き場所も身よりも家族もなく、その日暮らしにも事欠くような生活をしています。一時期、毛布などを配るボランティアに参加していたことがあります。話を聞くと心優しい人が多いのです。
ある意味、その人たちが高度経済成長を支えたおかげで今の私たちの生活があるのです。その人たちを切り捨てている社会、ホンマにおかしいと思います。

世界を変えたい、その思いの一端をこのBlog Action Dayにつづってみました。

是非できることから、はじめて行きましょう。


Blog Action Day 2008 Poverty from Blog Action Day on Vimeo
posted by JOHNNY at 13:50| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 意思表示をしよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。