2008年10月31日

ココナッツピリオド(第14回ゼビットの夢)を読んで

ビッグコミックスピリッツに連載中の山田玲司さんの「ココナッツピリオド」の第14回ゼビットの夢。今回はエコラッチは休載でした。
今回のマンガを読み、よくよく考えたら、人が全ていなくなったら、地球は残るし、環境問題はなくなるんだとしみじみと感じました。

先日、枝廣淳子さんの講演録を読みました。
先進国の私たちが生きていく限り、地球に負荷がかかるのは当たり前。同じ毎日ならプラスマイナスプラスになるようにしていきたいとの趣旨が書かれていました。同感です。パソコンを使ったり、電気を使ったり、している毎日。不遜な言い方かもしれませんが、それをすこしでも人と人をつなぐことや地球のためと思えることにしていきたいと思っています。
posted by JOHNNY at 10:44| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ココナッツピリオド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108861510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。