2008年10月25日

エコエコパンドラ(第9回さらば発電所)を読んで

山田玲司氏の作品、エコエコパンドラ第9回のテーマは発電所。
昔は停電が日常的に起きていましたね。夜、家族でテレビを見えいて、突然電気が消え、ロウソクを出してきていろんな話をしたことなども思い出しました。
先進国はピーク時の電力を減らすための工夫をしているのに対して、日本はピーク時の電力以上にまかなえるように発電所を用意している。「みんなのため」といいながらまったく別のことをして無駄を増やしているのは、「みんなのため」になっているとは思えません。日本の発電所の4分の1(=全ての原発)が無駄なのですから。

少しでも電気の無駄を減らしていきながら、事実を知ってもらうことが大切なんですね。

ーーーーーーーーーーー

パンドラ25
発電所のロスは67%を越えている。
※94年当時の統計、現在も増加中。

パンドラ26
電気が足りない時間は1年間の内で10時間以下なのに
それを理由に発電所を作っている

パンドラ27
日本の発電所の稼働率はわずか58%である
posted by JOHNNY at 09:15| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | エコエコパンドラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109545193
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。