2008年11月20日

エコラッチ(第14号エコ推進に向かう産油国)を読んで

クウェート、カタールなどの産油国が地球温暖化対策として、温室効果ガスの排出権取引所を作ったり、海水温度差発電を作ったり、という環境対策に取り組み始めたということが紹介されています。

産油国のオイルマネーで環境対策を進める、産油国から石油が出ている今から生き残りをかけての挑戦のように感じました。

国家的な取り組みが必要な時期に来ているんですね。
posted by JOHNNY at 16:39| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山田玲司の環境恐怖新聞エコラッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109940665
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。